現代の医療はとても進歩している

現代の医療はとても進歩しているwww.jhaningmusic.com

歯を大切に考えていきたい

 

私は、歯を大切に考えていきたいと思い、歯科受診を定期的に行っています。
それは、年齢が増すごとに、歯科の歯周病の発生頻度が高まるということを聞いたためです。

 

そして、その歯周病を予防したいと思ったのは、進行すると歯が抜け落ちてしまったり、口臭の原因となることから、日常の生活をする上において、とても不自由になると感じたからなのです。

 

自分の歯で食べる事ができる幸せを、いくつになっても楽しむ事ができるのは、とても嬉しい事です。
また、口臭があると、人との付き合いもできなくなってしまうので、その点に付いても、歯を大切にすることが重要であると感じているのです。

 

また、健康を保つためにも、歯周病を予防することが大切であると言われています。
それは、歯周病菌が、体の全身に回り、その結果、心筋梗塞などを起こしてしまう危険性もあると言われているのです。ゼニカルジェネリック

 

そのことを考えると、歯周病を予防することは、健康を保つためにも、とても大切な事となります。
そしてその歯周病になる予防法としては、毎日の歯磨きをきちんとすることや、その他の方法で歯を綺麗に保つ事が挙げられます。

 

そして自分では、きちんと磨いている歯磨きも、できていなかったりすることもあるので、それを確認するためにも、定期的に歯科受診をすることがいいのです。私の場合は、受診をした時に、歯石を除去してもらっています。

 

歯石は、知らず知らずのうちにできてしまうことがあります。
そしてそれは、自分ではとる事ができないのです。そのため、専門の歯科衛生士などにとってもらう必要があります。バイアグラジェネリック

 

このように、歯を大切に考えていると、自分の歯で食事をする楽しさを、長く感じる事ができるので、多くの人が歯科受診をして、歯周病や虫歯を予防することが良いと考えています。私の子供も歯科受診を定期的にしています。

 

子供たちも、そのことが当たり前のようになっているので、良い習慣を付けることができたと感じています。

 

「現代の医療はとても進歩しているから、現代人は健康的に生きられるはずだ」と考えている人は、私以外にもたくさんいるのではないでしょうか。

 

確かに、ここ数十年の間でも治らないとされていた病気の治療薬が開発されたり、延命治療や救急医療が進歩したことにより、以前と比べれば格段に医療技術は進歩していますので、それだけ健康に生きられる確率は高くなっているように思えます。

 

しかし、どれだけ医療が進歩したとしても、それで私達の健康が必ずしも守られるというわけでは決してありません。

 

誰もが薄々は感付いているのでしょうが、医療というのは決して万能なものではないのです。
それは、どんなに医療の進歩が進んだとしても、 不老不死がほぼ不可能であるという事実があることからも理解できると思います。バイアグラジェネリック

 

不老不死は言い過ぎにしても、これだけ医療が進歩した現代であっても、原因不明の病気や治療不可能な病気というのは山のようにあり、それらは私たちの健康を脅かす存在になっています。

 

その中でも最もポピュラーな病気は、やはりがんだと思います。テレビでは私たちの良く知っている芸能人ががんによって亡くなったという報道を連日のように聞きますし、その事実からも医療が決して万能ではないということをうかがい知ることができます。

 

ですが、そんな現状をしっかりと理解した上で、医療関係者というのは人間の健康を守るために日夜努力を続けています。

 

それは、昨日救えなかった命を今日救うため、明日救うためにしている努力です。それは単なる医療行為というわけではなく、文字通り1人の人間の人生を左右すべきとても大きな問題と言って良いです。バイアグラジェネリック通販

 

しかしだからこそ、医療関係者は努力ができるのでしょうし、そんな医療関係者のお陰で私たちは1日でも生き長らえることができるのです。
ですので、私たちの健康というのはそうした医療関係者のたゆまぬ努力の賜物であると、私は医療関係者に最大級の賛辞を送りたいと思っています。

「現代の医療はとても進歩しているから、現代人は健康的に生きられるはずだ」と考えている人は、私以外にもたくさんいるのではないでしょうか。

 

確かに、ここ数十年の間でも治らないとされていた病気の治療薬が開発されたり、延命治療や救急医療が進歩したことにより、
]以前と比べれば格段に医療技術は進歩していますので、それだけ健康に生きられる確率は高くなっているように思えます。

 

しかし、どれだけ医療が進歩したとしても、それで私達の健康が必ずしも守られるというわけでは決してありません。
誰もが薄々は感付いているのでしょうが、医療というのは決して万能なものではないのです。バイアグラジェネリック

 

それは、どんなに医療の進歩が進んだとしても、 不老不死がほぼ不可能であるという事実があることからも理解できると思います。

 

不老不死は言い過ぎにしても、これだけ医療が進歩した現代であっても、原因不明の病気や治療不可能な病気というのは山のようにあり、それらは私たちの健康を脅かす存在になっています。

 

その中でも最もポピュラーな病気は、やはりがんだと思います。テレビでは私たちの良く知っている芸能人ががんによって亡くなったという報道を連日のように聞きますし、その事実からも医療が決して万能ではないということをうかがい知ることができます。

 

ですが、そんな現状をしっかりと理解した上で、医療関係者というのは人間の健康を守るために日夜努力を続けています。
それは、昨日救えなかった命を今日救うため、明日救うためにしている努力です。まつげ育毛剤ルミガン

 

それは単なる医療行為というわけではなく、文字通り1人の人間の人生を左右すべきとても大きな問題と言って良いです。

 

しかしだからこそ、医療関係者は努力ができるのでしょうし、そんな医療関係者のお陰で私たちは1日でも生き長らえることができるのです。
ですので、私たちの健康というのはそうした医療関係者のたゆまぬ努力の賜物であると、私は医療関係者に最大級の賛辞を送りたいと思っています。

先日、初めて脳外科を受診しました。以前から月に一度程度は頭痛があったのですが、その間隔が狭まった上に、数日続くようなことがあったので不安になったのです。

 

私はいま40代で、そろそろ大きな病気の「お年頃」とも言える時期にさしかかったところです。
さらには家族に脳の病気をした者が多く、その苦労を間近に見ているという経験も私の背中を押しました。

 

付き添いで脳神経外科へ出向くこともあったので、何かあれば行ってみようかなと思ってはいたのです。
以前は、脳神経外科というのはすごく重篤な人が行くところで、しかも緊急を要する人が多いような気がしてなかなか敷居が高い気がしていました。しかし

 

「頭痛があるんです」

 

と話しても普通に受け入れて貰えました。最初は看護師さんによる聞き取りでした。
痛みの程度や間隔、服用した痛み止め、既往症など、非常に丁寧に一問一答形式でお話しできました。ed治療薬ジェネリック比較

 

忙しい医師との面談では慌てがちで質問漏れなどよくあるので、事前に色々とお話をすることで、自分の中でも整理をつけることができた気がします。
この後すぐCTを撮ることになり、30分ほどで看護師の問診から検査までが終了しました。

 

閉所恐怖症等は無いので、CTに恐怖感は全くありませんでした。
その後1時間ほど待たされたところで診察室に呼ばれました。

 

60代くらいでしょうか、鋭い目つきの男性の医師でちょっと不安になります。
実はその医師については「腕はいいが口が悪い」という噂ばかり耳にしていたのです。

 

しかし、私はただの頭痛だったので気持ちに余裕もあったせいか、特に話していてその医師に悪い印象は持ちませんでした。
しっかり神経学的な検査もして下さって、思った以上に丁寧に扱っていただけたように感じました。

 

きっと緊急で受診した人は切羽詰っているので、先生のちょっとした言葉に過敏に反応してしまうのだと思いました。
さて、CTの結果ですが、驚いたことに脳の左側、中心に近いところに黒いものが写っていました。

 

「空洞があるね」

 

と言われました。
そして、現在の頭痛とは全く関係が無いこと、臨床ではたまに見かけるものであること、恐らく子供の頃から存在していたものであること、などを分かりやすく説明して下さいました。エムラクリームジェネリック

 

念のため半年後にもう一度CTを撮った方がいいが、脳外科的に問題になる部分は他に見当たらないので、頭痛に関しては特に治療は必要なく、これまでの対症療法でかまわないということでした。

 

頭痛の原因がわからないのは気にかからなくもないですが、頭痛で何が怖いって、脳に異常が出るのが怖いのであって、それが否定されたということで一安心できました。

 

脳神経外科に行ったことのない方、特に頭痛でお悩みの皆様、一度受診してみてはいかがでしょうか。
女性の場合はCTもMRIも妊娠の可能性がある場合は撮影できませんので、身軽なうちに「記念撮影」しておいても良いのではないかと思うのです。

 

ちなみに3割負担で7000円ほどかかりましたが、私みたいに「脳の一部が空っぽ!」なんて面白ネタの一つも拾えるかもしれません。

私は50代のサラリーマンですが、約一年半前、体調を崩してしまい、三週間ほど入院してしまったことがありました。
ある日突然、血を吐いて倒れてしまったのでした。それは正確に言うと吐血ではなくて、喀血でした。

 

しかし当時の私にはそんな医学の基本的な知識さえ無くて、「一体、自分はどうなってしまうのだろうか。
このまま死んでしまうのだろうか」と強い不安に襲われました。とにかく、私は即、入院となりました。

 

検査の結果、私は気管支拡張症という病気に冒されてしまっていることが分かりました。
全然聞いたこともない病気でしたが、「一度拡張してしまった気管支は二度と元通りには戻らない」などと医師から説明を聞いて、ショックを受けました。カマグラゴールド購入

 

そうしたこともあって、とにかくこの病気はなかなか治らないのだということでした。
入院して最初の数日は血を止めるための投薬治療を行いましたが、それでも喀血は収まらず、次は動脈塞栓カテーテル療法という手術を行いました。

 

初めてのカテーテル療法に不安はありましたが、最新医療による処置なので安全性は高く、確実な治療効果も望めるし、危険も少ないということでしたので、私はそれを受けました。

 

その結果、出血はだいぶ治まってきました。しかし、まだ血が滲んでいるようなので、もう一度、カテーテル療法を受けました。
すると出血はほぼ完全に止まり、私は何とか退院することができたのでした。

 

その時、私は医療の有り難さというものを身に染みて実感しました。
退院する時、「もしも百年だったら、私は出血が止まらずに命が助からなかったかもしれないな」と思いました。

 

そのことを家内や子供たちに話すと、皆、その通りだと言っていました。
とにかく私は、健康でいることの素晴らしさについても、改めて気付いた次第です。

 

気管支拡張症の治療は退院後の今もずっと続いてはいますが、気持ちをしっかり持って頑張って治療に励んでいます。
今では日頃から以前よりも健康に気を付けて生活しています。そして大切な家族のためにも、少しでも丈夫に長生きしたいと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ